スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通院納め再び

2011年M動物病院の最終診療日、やっぱり通院してしまいました。

アポロの爪先、だんだん痛くなるみたい。ずーっとブーツを履いて、蒸れるのもいけないかな ? と聞くと、それは関係なく、脚を引きずる時に爪が押されるのが原因、とのこと。

年明け早々、通院開始予定。

アポロ、初日の出、見にいかれる ?


2011.12.30 ソックス1  FC2

写真:珍しくソックスを取っちゃう。

2011.12.30 ソックス2  FC2

写真:ソックスが気になる ?

2011.12.30 シューズ1  FC2 2011.12.30 シューズ2  FC2
http://ameblo.jp/memaxx/entry-10664087176.html

写真左右:ミトンブーツより少し硬めのブーツ。アウトドア・インドア用。

2011.12.30 シューズ3  FC2

写真:爪先保護強化に新しいブーツを買ったけど、今、痛みのあるアポロにはちょっと硬いかなー ?



スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

アポロ、通院納め

「 今の状態なら、ワクチンを接種しても大丈夫。」延期になっていた、ワクチン接種ができました

ワクチン同様、延び延びになっていた肛門周囲腺腫の切除と去勢手術にも耐えられる状態まで回復してきているというお話。来年早々に相談して決めることになりました。

全身麻酔をかける時に、化膿している鼻の腫瘍を一緒に切除することになりそう。再々化膿し、心配な腫瘍。先日までは全身麻酔をかけられない状態だったので、レーザー治療の話が出ていたけど、麻酔をかけるなら切除の方が良い、って。

1.レーザー治療は麻酔をかけなくてもできるメリットがあるが、腫瘍を焼いてしまうので、採った細胞を調べる事ができない。

2.切除手術は全身麻酔が必要になるので、心臓や肝臓の状態が悪いとできないが、切除した腫瘍の細胞を調べて、後の治療の計画を立てることができる。

もうひとつ、削れて炎症を起こしている爪を取ってしまった方がいいかも、というお話。ブーツを履くようになって、良い方向にいくかと思っていたけど、やっぱり炎症がひかないので、先生も思案中。

次回の診察は2週間後。2012年1月12日。8月23日の初診から、 毎週、毎週……、週2回の時もあった。回復と悪化を繰り返して、やっと安定した感じ。そして一緒に新年を迎えられそう。アポロ、幸せだね

2011.12.28  予防接種 FC2

写真:ルナと同じ〔 8種混合ワクチン 〕。来年も遠散歩に行かれますように、って願いを込めて

2011.12.27爪先 FC2

写真:少し良くなっている気がするんだけど…。

2011.12.27 病院  FC2

写真:今年の通院は今日で最後だよ。よーーーく通ったねーーー。「 ありがとうございます。 」って、ご挨拶して帰ろうね


テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

鍼治療

アポロ、初めて鍼治療を受けました

体調が安定したら、鍼治療に行ってみたいと思っていました。動物病院の先生は心当たりがないという事だったので、K 先生にお願いすることにしました。K 先生は妹夫婦の友人で、人間の鍼灸師。家族ぐるみでお世話になっています。

以前、診療所の玄関に〔 犬・猫 〕 の料金表が貼られていたことを思い出して、妹に連絡してもらいました。〔 アポロがリラックスできる場所で。〕っとご配慮いただき、診療所の帰り、夜9時に実家で待ち合わせ。

往診してもらえるなんて、アポロ、ありがたいね

実は、私、K 先生になんてお話していいか解らなくなって、プチパニックでした アポロの年齢、皮膚炎のことや、その後の衰弱、脚を引きずることなどはお話したけど、どこを治したい、どうなってほしい…、っていうのが思い浮かばない。爪先はケガの部類だし、どこかの関節が痛くて歩くのが辛いのか、把握できてない…。

K 先生が手を当てて、「 問題を感じるのはこの辺り。 」と2本の鍼を刺してくださったのは腰。鍼を刺してしばらく経つと、ググッ、とアポロのお腹が動いたような気がしました。「 反応してるね。お腹の動きが停滞している感じ。 」と K 先生。反応できる、ってうれしい。

鍼を刺した場所を覚えておいて、温灸する時、そこの2点は欠かさずにしよう。アポロが気持ち良さそうなら、毎日温灸してもいい、って。なかなか毎日はできないけど、がんばるね 次回の鍼治療は 1月上旬。治療が終わった頃、NII が迎えに来てくれました。

K 先生、ありがとうございました

犬や猫は間違った場所に針を打つと、身体をゴソゴソ動かして自然に落としちゃうらしい。すごいなー。

2011.12.26    鍼灸治療1 FC2

写真:何が始まるのかちょっと不安なアポロ。「 大丈夫だよ。」っと妹。

2011.12.26    鍼灸治療2 FC2

写真:「今、なんかした ? 」と振り向くアポロ。「 なんかしたよー。」っと K 先生。

2011.12.26    鍼灸治療3 FC2

写真:鍼を刺して、時々、K 先生が動かして。

2011.12.26  鍼灸治療4 FC2

写真:アポロはすぐに慣れて、おとなしく鍼治療を受けられました。

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

アポロの通院

アポロの薬が減りました

抗生剤を変えた翌々日から血尿が出なくなり、久しぶりに落ち着いた一週間を過ごせました。今日は血液検査。肝機能は正常範囲からははみ出ているけど、安定。貧血の値も、血尿があるなしに関わらず、安定。

貧血の原因は 1-出血・2-造血機能の低下・3-血液の破壊。アポロの場合は、多分、2-造血機能の低下、老化のため、と推測。

肝機能も貧血も〔 この程度の値なら OK。 〕と考える事にして、治療計画、薬、などの見直し。血尿を完治するため抗生剤は続けて、一週間後に朝一チーの検査。錠剤と散剤が出ている強肝剤は、錠剤をやめる事に。この錠剤( 1日4錠 )がなくなるとすごく楽になります。フードは肝臓サポートを続ける事。

10月にできたアポロの鼻の出来物は大きくなるようなら手術。肛門腺腫瘍の手術も延び延びになっていたけど、このまま落ち着いたら年明けにできそうだって。

先生と、来年のお話ができるようになりました

2011.12.20  ? FC2

写真:先生がかさぶたを剥がしたけど、痛かったでしょ

2011.12.20 順番待ち FC2

写真:アポロ、お薬が4錠も減ったよ

2011.12.20  アポロとルナ FC2

写真:家に帰って、ひと休み


テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

ルナの予防注射 (12/17記)

今日はルナが M動物病院に行きました。

背中の湿疹は、抗生剤を変えてずいぶん良くなり、1日2回から1回に減らす事になりました

もともと背中の毛が薄くて…、最近は頭頂も薄くなった、と思っていたけど、先生は「 毛がないんじゃなくて、色が薄い、毛根の形成異常ですね。 」って。ふーーーん。知らない事ばかりです。

予防注射は8種混合ワクチン。2本脚で立ち上がり、私にくっついて、背中にチクリ。一瞬、振り向いていました

ずーーーっとアポロと一緒にしてきた予防注射。今年はルナだけ。アポロも元気になって、追って予防注射できるようになるといいね。

ルナにも専用のフードを買いました。いつの間にか、7.0Kgで体重MAX 選り好みしないのいいことに、アポロが食べなかったフードをルナにまわしてた。もっとルナにも気をつけてあげないとね。

2011.12.15 ルナ 病院 FC2

写真:息遣いが激しくて、二枚舌に写ってる 「 早くここを出よう 」って。
 

2011.12.15  ルナのフード  FC2

写真:ルナのフードは、ヒルズの体重減量・小粒。

アポロ、朝一チー、褐色から黄色になりました




テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。