☆ 2人と1頭と1匹+1頭のアルバム ☆

2012.5.30 アポロは天使になり、2016.4.1 レノンが家族になりました

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンキャッチャー

お盆休みは窓ガラス掃除から始めました。

窓際に下げられた S字フックは、アポロの点滴に使ったもの。その後は何もかけられず、でも外せず、喪失感で満ちた空間。まるで時が止まってしまったみたい。

お盆前に、 I & E さんから届いた小箱に入ったクリスタル。添えられたお手紙には、サンキャッチャーと呼ばれるクリスタルの由来が書かれてあった。窓際に吊るして、太陽の光があたるとその光を拡散させ、部屋に小さな虹を浮かび上がらせ、幸せを呼び込む、と

窓際のあの S字フックにサンキャッチャーを吊るすことにした。

ところが思い通りにはいかないもので、ベランダのひさしに遮られてサンキャッチャーに陽があたらず。 NII に話すと、「 そりゃー、ムリだろう。夏の日差しが直接入らないようにひさしがあるんだから。南向きのベランダから日差しが入ったら暑くていられないよ。 」 と大笑い。私もつられて笑った。あの空間を見ながら、ふたりで笑ったから喪失感はどこかに消えていった。 「 秋になれば日差しも入るよ。 」 と NII が言った。あの窓際は秋を待つ楽しみな空間になった。

だからといって、ただ秋を待ってはいられない。和室の窓はどうかな ? 南側の窓のひさしはベランダよりずーっと狭いし、西側にも窓がある。日曜日は和室の窓ガラスを磨き、焦らず日差しを待った。

晴れたのは、2日後の13日月曜日。まず、南側の窓に吊るし、移動して西側の窓へ。

陽が当たり、部屋に虹が舞った

2012.8.11 フック FC2

写真:見て見ぬふり … カーテンで隠してあったフック。
ブルーの紐ははずして、フックだけ残して、秋まで待機中。

2012.8.8 サンキャッチャー FC2

写真:送られてきた小箱。

2012.8.13 サンキャッチャー1 FC2

写真:和室の南側の窓際。

2012.8.13 天井 FC2

写真:天井に、

2012.8.13 サンキャッチャー7 FC2

写真:ふすまに、

2012.8.13 ハーフケット FC2


写真:ハーフケットに、

2012.8.13 畳 FC2

写真:たたみに、

2012.8.13 ルナ FC2

写真:ルナのおしりには蒙古斑みたいに、

2012.8.13 サンキャッチャー6 FC2

写真:読書中の私と、お昼寝中のルナのまわりで、虹が揺れた


右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。