( みんなでお出かけ。アポロも一緒だよ。)と言って部屋を出たけど … 。

GT-R の後部座席に目をやると、ドサッと置かれた NII の荷物。( アポロの場所なのに … ) と思ったけど、アポロを大切に想う気持ちは一緒だからいいよね。

もうすっかり深秋で、アポロが大好きなカサカサ落ち葉の季節 枯れ葉が舞う中を運転してると、( もう落ち葉を踏んで歩くことはないんだなー。 ) ってちょっと悲しくなる。でもね、アポロは落ち葉の感触や音や匂いを覚えているよね。魂に刻まれてる。だから、落ち葉を見たらうれしくなるでしょ

夕方、虹がかかって、アポロを迎えに来たような気がして 「 もう、おかえり。」とつぶやいた。夜が来る。神さまのおそばで眠るといい

行ったり来たり … 、また遊ぼう

この冒険で得た宝物は 〔 私とアポロはひとつだ。〕っていうことだよ

岡村美穂子さんが教えてくださった詩、素敵でしょう

〔 William Blake : Auquries of Innocence から〕

一粒の砂に宇宙を
野に咲く一輪の花に天国を見る
手のひらに無限を
一瞬のうちに永遠をつかむ



2012.11.10 出発 FC2

写真:膝にはルナがいるのになー。

2012.11.10 紅葉2 FC2

写真:アポロの大好きな落ち葉のじゅうたんだよ

2012.11.10 虹 FC2

写真:金沢で最後のお散歩。ふと見上げたら虹


JCC東京中央支部秋季展

冒険・目的地 ~ ひとりの時間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。