☆ 2人と1頭と1匹+1頭のアルバム ☆

2012.5.30 アポロは天使になり、2016.4.1 レノンが家族になりました

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまで と これから


リボンちゃんは平場で出てるわけじゃない。
いいこ、いいこ、みたいな雰囲気じゃ勝てない。


千葉展の後、感想をいただいて、とてもありがたかった。

リボンちゃんがショーチャレンジしているのは、チャンピオンクラス

平クラス → 特別犬クラス → チャンピオンクラスと経験してきたコ。
誰がハンドリングして、どんなふうに勝ち上がってきたのかな。

「 私がハンドリングして W.B.(ウィナー) になったんですー。 」
って、E さんがおっしゃった。

一度、ブリーダー S さんのハンドリングで入賞したのを見た。気負いがなく、自然なハンドリング。それで、リボンちゃんの良いところを見せられるんだもの、すごいなー。

昨秋、もう少し耳が寄るといい、と言われていた。競技会のリンクでは常に指示が出て、動いていることが多いけど、展覧会のリンクでは時間を持て余して、あちこち気になるのかな ?

先週の静岡では集中力が増して、ショードッグっぽかった。集中してきたら、耳が外に向くのも減るんじゃないかな。引き続き、集中力を増す練習をしようと思っている。

それから、〔 走り 〕。首を上げて、速度を合わせて走る。速く走れるんだもん、私より前を走っったっていいんだよ。リボンママさんと走ってる時みたいに、イキイキ走る姿はリボンちゃんのチャームポイント。

それには … 、って考える。

遊びでは速く走るけど、リンクに入るとトーンダウンしちゃう。千葉より静岡の方が良かったけど、残り1/3で遅くなった。〔 楽しい 〕 からじゃなくて、逆に、脚側行進の延長で走る、っていうのもあり ?

練習して、リンクでやってみる。
静岡の時みたいに集中できたら、自分は余計な動きはサッサと控える。

どんなに上手にできても入賞できるとは限らない、比較審査。
ジャッジの好みからはずれてるなー、って感じの時はリンクの楽しさを伝える。

早く、お互いの息が合うようになりたいな。

いつも真剣に、でも気負わず、楽しく、
一定のレベルのパフォーマンスを保って時を待つ。

チャンピオンクラスで入賞する、ってことは、大変なこと。
創意工夫 & 試行錯誤 を重ねよう。


ア … あせるな
オ … おこるな
イ … いばるな
ク … くさるな
マ … まけるな
( by コロッケ )




右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。