スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算命学講座青龍科・16回目


算命学講座青龍科・16回目を受講しました。

先週に続き、
明治5年以前に使われていたという干支暦、
二十四節気、七十二候について。

立春、啓蟄、処暑、白露、大雪…
などが二十四節気。

五候の鴻雁来(こうがんらい)は、冬にやってきた雁が帰っていく頃
七候の桃始華(とうしか)は、桃の花が咲き始める頃
十五候の虹始見(こうしけん)は、虹が見え始める頃
二十八候の鹿角解(かづのかい)は、鹿の角が落ちる頃
… … …
七十二候まで。

それぞれの風景が目に浮かぶ感じ。
当時の人は、今より自然と親しかった。

あ、五十二候には豹乃祭獣戮禽(ひょうしさいじゅうりゃくきん)
狼が他の動物を襲う
なんて、身近にはなさそうな光景があるのも楽しい。

とはいえ、8月も残り一週。
あ、っという間に日が過ぎていく今日この頃。
二十四節気、七十二候を指折りながら一年を過ごしてみる、
そんな気持ちのゆとりがほしいな  

算命学の授業の後、新宿に移動。
朝日カルチャーセンターで、三ヶ月ごとに開かれる
中森じゅあんさんの心のお話を受講しました。

大慌てで教室に駆け込んだけど、
30分時間を間違えて、結果、一番乗り。
自由席。
悩んだ末、一番前に着席。
おかげで、直接、質問する機会をいただき、
とーーーっても大きな学びがありました。

受講日が重なり、セミナーのはしご。
頭、めいっぱい。要、整理です


2014.08.23 ルナzzz FC2

写真:朝のルナ。熟睡してて、
布団、たたむのが可哀相

2014.08.23 ビル FC2

写真:新宿の高層ビル中庭の展示物

2014.08.23 ドライカレー FC2

写真:夜、Kouパパからの差し入れ。
鳥繁のドライカレー


テーマ : 日々の暮らし - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。