スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.8.5. ~ C.D.X.合格



2007年8月5日に開催された長野支部審査会で
C.D.X. ( 上級家庭犬資格 ) 1・2次に合格しました。

〔 C.D.X.合格までの応援あれこれ 〕

C.D.X.という言葉を知ったのは、
2004年11月25日にいただいた
Nさんからのメール、
『 アポロ君には、C.D.X.に挑戦していただきたい 』
という一文でした。
ずーーーっと応援してくださったNさん。
茨城審査会で不合格だった時は、
「 不合格も財産です 」
という言葉をくださいました。
不合格の時こそ、たくさんの学びがある、
今はそう思います。

長野審査会前日、
訓練仲間のkia-har-papaさんから、
『ふたりの世界に磨きをかけて来て下さい。』
というコメントをいただきました。

『採点は審査員の仕事。
私たちは不合格より演技を全部やりきることが大事。』
『途中で止めたら、失敗。続ければ、経験。』
と教えてくれたのも-papaさんでした。

N2さんがくださった、メールでのアドバイス

1.丁寧に指示するように意識し、
ゆっくりはっきりオーバーに感じられるように。
2.失敗と思わずに減点と思う。
3.アクシデントの時は、指導手が位置を動かず、
審査員の指示を待つ。

茨城支部の練習会のみなさんに
お世話になりました。

「 アポロはだいじょぶだー 」
Y先生の声を聞くと、安心できました。

アロちゃんママは審査会の前日に
〔人生2度目の玉虫〕を見つけました。
「この玉虫の幸運をぜ~んぶ持っていっていいよ!」
といって送り出してくれました。

憧れの演技を見せてくれるTさんから
「ある日、突然できるようになる」
と聞き、
(今日はできなくても〔明日〕がその〔ある日〕かも?)
と思いがんばれました。

健康上の理由から、
訓練に挑戦できないお友達コリーのことを思うと、
アポロが7歳を越えても挑戦できるのは幸せ。
(いつも応援してくれるアッ君ママ&アッ君の分までがんばろう)
と思いました。

たくさんの方に応援していただきながら、
家庭犬資格にチャレンジしました。

2007.08.05 ぴょん FC2

写真:課目と課目の間、テンション低下防止のピョン

2007.08.05 リボン FC2

写真:野尻湖湖畔で合格

2007.08.05 アポロ FC2

写真:アポロ、おめでとう!

2007.08.05 NIIと FC2

写真:帰り道

2007.08.05 アポロzzz FC2

写真:おつかれさま

2007.08.14 言霊柱CDX FC2

写真:大願成就 お酉さまの言霊柱



テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。