☆ 2人と1頭と1匹+1頭のアルバム ☆

2012.5.30 アポロは天使になり、2016.4.1 レノンが家族になりました

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れ ~ 追記


心友、まみまみちゃんの恋人、
アレックスくんの訃報。

3月14日に10歳の誕生日を迎え、
4月は兄弟姉妹とホテルのドッグランでお誕生会
脚は弱くなっても、
穏やかに過ごしている、と思っていました。

まみまみちゃんのコメントから

〔 最期は胃捻転の手術や末期癌の告知で、
あっという間に天使になってしまったけれど、
最後の1週間に濃厚な時間を過ごし、
アレックスとより絆を深める事ができました 〕


てんかんの病を持つアレックス君にとって、
手術に伴う麻酔はリスクが高いものでした。
それでも胃捻転では仕方ない選択。
そして、手術中に見つかったのは、
お別れを覚悟しなくてはならないほどの末期癌。
奇跡的に意識を取り戻し、
家に帰ることができたアレックス君は、
眠らずに一夜を過ごし、
翌朝、苦しまず、静かに息を引き取りました。
まみまみちゃんは傍らに寄り添い、
見送ることができました。

アレックス君、有終の美
きっと神様と相談したんだね。


まみまみちゃんと知り合ったのは8年前。
アレックス君がてんかんという病気だと知ったのは、
その半年後でした。
アレックス君が生まれた時は難産で、
その時の後遺症でてんかんになったそうです。

初めて発作を起こしたのは、6ヶ月の時。
それから10年、病と闘ってきました。

てんかんは治らない病気。
毎朝晩、細心の注意を払って、
発作を予防するための投薬治療。
それでも抑えられない発作。
獣医師から安楽死を勧められたこともあったそうです。

病気に良さそうな情報を探し続け、
心だけでなく、身体にも傷を負ったことがありました。
それでも、
ご家族はアレックス君と暮らすことを選びました。

ご家族支え合いながらの、献身的な介護の様子に、
わたしはいつも、尊敬の念を覚えました。

アレックス君のブリーダーさんは、
出身犬をとても大事にする方で、
家族ぐるみ、コリー犬のご縁で、
親戚のようなお付き合いをされています。

まみまみちゃんとご家族、アレックス君を心配し、
応援する人たちがたくさんいました。
オフ会でのアレックス君の写真は、
ママ犬、兄弟姉妹犬に囲まれ、
いつもとっても楽しそうでした。

気圧の変化が発作のきっかけになると知ってからは、
私も台風が発生するたびに、
(アレックス君、どうしてるかな?)
と、心配になりました。

私だったら、
まみまみ家のようにお世話できるだろうか?
犬を飼うということ、
その責任の重さについて考えました。

何かを伝えるため、
困難な人生を選ぶ勇敢な魂があると、
聞いたことがあります。

きっと、アレックス君もそのひとり。

愛情豊かな、
まみまみ家のご家族に守られながら、
使命を果たした。

アレックス君、ありがとう

2015.06.16 アレックス君 FC2

写真:この瞳
子犬を選びに行った時、アレックス君は目力で
まみまみちゃんを惹きよせたと聞きました。
〔 ひとめ合ったその日から、恋の花咲くことある  〕

「呆れるくらいいろんな角度から写真を撮って、
シャッターを切るたび、〔大好き〕って言うの 」
まみまみちゃんが言いました。
愛されてるね

2015.06.16 白ユリ FC2

写真:純白の花々を、勇敢な貴方に

2015.06.16 FC2


Comment

No title

モーちゃん、もったいないくらいな素敵な文章を書いて下さってありがとう。

モーちゃんをはじめ、たくさんのお友達に励まされ、支えられて、アレックスと共に過ごす事ができました。
時には挫けそうになった事もあるけれど、アレックスが大好きだったから・・・そして、皆さんが助けてくださったから、今まで歩んでこられたのだと思います。

最期は胃捻転の手術や末期癌の告知で、あっという間に天使になってしまったけれど、最後の1週間に濃厚な時間を過ごし、アレックスとより絆を深める事ができました。

今までお世話になりました。
そしてこれからもどうぞよろしくね。
  • posted by まみまみ
  • URL
  • 2015.06/24 20:41分
  • [Edit]

まみまみちゃんへ

まみまみちゃん、最期のことコメントしてくれてありがとう。
早速、追記しました。
消えてしまった最初のブログには書いたのに、今回抜けてしまいました。
とーっても大事なことなのに、
アレックス君の最後の頑張りなのに、ごめんね。

最近は、台風にも負けず、元気で過ごせることが増えて、
ほっとしていました。
10歳のお誕生日、感慨深く思いました。
すごく、頑張って、傍にいてくれましたね。

苦しい思いをさせたくない、寄り添っていたい、
2つの願いが叶って、しばらくはホッとするけど、
その後、淋しさが襲ってきますよね。
どうぞ、ご自愛くださいね。
  • posted by mou
  • URL
  • 2015.06/25 21:38分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。