2012年10月14日にNHKのこころの時代で放送された 〔 日々是般若心経 〕 の中で、薬師寺執事長 加藤朝胤さんが、般若心経の教えについて語られていました。

お釈迦さまの教えが、身近に感じられました。

そして、NHK100分de名著。2003年1月に取り上げられた名著は 〔 般若心経 〕 。楽しみです

こころの時代 ~ 日々是般若心経


~ 般若心経の中にはどんなことが書かれているのか ? ~

登場人物

お釈迦さま 観自在さま 舎利子さま その他多くのお弟子さま

あらすじ

多くのお弟子さまがお釈迦さまを囲んで修行をされておりました。その多くのお弟子さまの中で観自在さまがご自身の修行の成果を舎利子さまを始め多くのお弟子さまにお話をされました。その内容は般若の行により静かな安らぎの境地に至ることが出来ました、というお話です。そして、そのことをお釈迦さまによって、その成果がとっても素晴らしいものであり、また実践に優れたものであるというお話があり、多くのお弟子さまがそれでは般若の実践を私たちもいたします。

( これは、一字一句の語句 ( の意味 ) を言ったわけではなしに、全体の流れの中でそういったことがあろうということ。 )


~ 短い中にこめられているという仏教の真髄の部分 ~

幸せを得るためにはなにか、ということが書いてある。
それと、お釈迦様の教えの基本というのは、必ず 〔 原因 〕 があって 〔 縁 〕 がはたらいて 〔 結果 〕 が生まれる。縁起の法。この世の中は奇跡は起きない、ということをお説きになった方がお釈迦さま。

種をまく〔 原因 〕、水や太陽の熱など育てる条件 〔 縁 〕、花が咲く 〔 結果 〕。
善因善果 〔 善い縁を結べば、善い結果になってくる 〕
悪因悪果 〔 悪い縁を結べば、悪い結果になってくる 〕
その結果は人にかかるんではなしに、必ず自分にふりかかってくる。

~ 幸せを邪魔する三毒 ~

貪 ( とん ) = むさぼり、瞋 ( じん ) = いかり、癡(痴)( ち ) = おろかさ・物事の道理を知らない。人間である以上、煩悩、迷いはある。迷いというのはそのままあって、それを乗り越えたところに悟りの境地がある。

悟りとは決心すること。すべてのものを冷静に判断して、そして何が正しいか、何が大切かということを見極めること、このことが大切なことであるかな、と。

物は分けると細かく小さくなる、幸せや喜びは分けると大きく広がりますよね、苦しみや悲しみは分ければ軽くなる。

~ なかなかたどり着けない体得できない私たち ~

菩薩とは正しいことに向かって一生懸命努力している人のことをいう。我々は菩薩になることは少ないけれど、たまにある。だから、私たちは瞬間菩薩。たまの一回を実践すること。それが積み重なると強い力になっていくんですね。積み重ねること。継続が大切なんです。

昭和の名僧・高田好胤さんは 〔 永遠なるものを求めて永遠に努力する人を菩薩という。〕 とおっしゃった。

( 2012年10月14日放送、NHKのこころの時代 〔 日々是般若心経 〕 から )



2013.01.11 般若心経1 FC2

写真:行こう行こう、さあ行こう、さあ、みんなで行きましょう。
幸せの世界へ向かって、みんなで手に手をとって一緒に行きましょう。


2012年10月14日にNHKのこころの時代で放送された 〔 日々是般若心経 〕 の中で、薬師寺執事長 加藤朝胤さんがお写経について語られていました。

こんなふうに言っていただくと、お写経が身近に感じられます

こころの時代 ~ 日々是般若心経


~ お写経の仕方 ~

お手本があって、お写経用紙を重ねていただいて、上からなぞって写していただくんです。下のお手本の字が写りますので、割と簡単に写せるんですよね。

家族そろって、お仲間同士、一緒に写していただいたらいいんですけれども、まねることが大切。 〔 まねる 〕 が 〔 まねぶ 〕 で 〔 まなぶ 〕。まなぶの語源は、まねるですよね。

じゃ、まねてうつして、って写し始めた途端に、私たちの心っていうのは変わっていってしまうんですよ。どう変わっていくかというと、うまく上手に褒められたい。それは自我なんですね。

これは謙虚な、素直な、人に思いやりのある優しい心の養いの訓練ですから、字の上手下手ではございません。ですから鉛筆でいいんです。鉛筆で写していただいたら30分。



~ お写経はいつするか ~

無心になってお写経を、なんていったら誰もお写経なんてできない。むしろ、腹立った時、悩みをぶつけながら書けばいい。なんであんなことで腹立ったんだろう、なんでこんなふうになってしまったんだろう、悩みをぶつけながらお書きになったらいい。

なんでこんなことに腹立ったんだろう、向こうも悪いけど、こっちも意地張って悪かったな、まあ許してあげよう、となる。その許す心が大切なんですよね。


( 2012年10月14日放送、NHKのこころの時代 〔 日々是般若心経 〕 から )



2013.01.11 まねる FC2

写真:NHKこころの時代・日々是般若心経 の映像。




浄土真宗のご住職の言葉が心に響きました。

「 今のあなたの悲しみの大きさが、愛の大きさです。悲しみが大きいということは、愛も大きかったのですよ。 」

「 (もっと一緒にいたかった。)とあなたは思うだろうけれど、その時まで生きたことを大事にしてあげてください。 」

「 亡くなった日はお浄土に生まれる第二のお誕生日です。 」

「 みんな死からは逃れられず、祭壇に飾られた花も一週間後は枯れてなくなるけれど、飾られている間を一生懸命咲いている。 」

「 再びあえるのですから、ご仏壇やお墓の前で語りかける言葉は 〔 待っててね 〕 です。 」

2013.01.06 リーフレット FC2

写真:左はお通夜の、右は告別式のリーフレット。

2013.01.05 通夜リーフレット FC2

写真:… 亡き人は、阿弥陀如来に抱かれてお浄土へ往きて生まれ、み仏となっていかれた …

2013.01.06 告別式リーフレット FC2

写真: … されば 朝(あした)には紅顔ありて 夕には白骨となれる身なり …




2012年の世相を表す漢字は「金」 。

毎年、楽しみにしている漢字の発表。テレビの画面に見入っていたけど、森清範貫主の書かれたくずし文字が読めなかった。 〔 きん 〕 と発音された時、ほんと !? って違和感があったけど、一般応募で得票数1位が〔 金 〕 ということだもんね。


私が選んだ漢字。

世相を表す一文字は 〔 滞 〕 。

私的に選ぶ一文字は当然 〔 別 〕 だ、と思うんだけど、心の奥の方から違和感が湧き上がってくる。何度考えても、つぶやいても ( 違うでしょ。 ) って。そして、浮かび上がる文字は 〔 成 〕 。

成る・成就 : 願いがかなうこと。

アポロが逝く時はそばにいたいとずーっと願ってた。アポロの好きな笑顔で、アポロの好きな言葉をささやき、アポロの身体をそっと撫で、そうしているうちに眠るように息がとまる。

願いはかなえられた。だから 〔 成 〕 か。

別れは必然で、成就は恩恵。


「 テレビ、見てる ? 」 朝、母から電話があり、すぐにテレビのスイッチを入れました。

またあの言葉。 「 置かれたところで咲きなさい。 」。 そして、 「 この言葉には続きがあるそうです。 」 っとアナウンサーが言った。

〔 咲けない時は根を下へ下へと降ろしましょう。 〕

咲けない時もある。とても優しく感じた。

NHKのサイトを調べてみると、敬老の日の特集として、 〔 おはよう日本 〕 で渡辺和子さんのインタビューが放送されたとのこと。経験と実践が伴った、人生の先輩方の言葉は宝物だと思う

この言葉が御著書のタイトルになっていると知り、検索してみると丁寧な内容紹介が載っていた。

望んだ 3 つの外出。きっとこれで一段落。これで十分。
大きな学びがあってありがたかったです。

Bloom where God has planted you.
置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。 … … … どうしても咲けない時もあります。雨風が強い時、日照り続きで咲けない日、そんな時には無理に咲かなくてもいい。その代わりに、根を下へ下へと降ろして、根を張るのです。次に咲く花が、より大きく、美しいものとなるために。

アマゾンブックストア 内容紹介から抜粋

アマゾンブックストア 内容紹介

http://www.amazon.co.jp/%E7%BD%AE%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%A0%B4%E6%89%80%E3%81%A7%E5%92%B2%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%95%E3%81%84-%E6%B8%A1%E8%BE%BA-%E5%92%8C%E5%AD%90/dp/4344021746


敬老の日 9月の第3月曜日
多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
内閣府ウェブサイトより

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。